カブトガニに天敵はいるのかと疑問に感じている人もいるかと思います。

カブトガニの天敵について知っておくことで、カブトガニは何から逃げているのかを知ることが出来るのです。

カブトガニ 天敵

カブトガニの天敵とは?

カブトガニの天敵は、サギやカモメの類がカブトガニの天敵になるものと考えられています。

産卵中の雌の体の下にウナギがもぐり込み、捕えて解剖したところ、体内から多くの卵が出てきたとの報告もあり、卵と幼生にとって、魚類も大敵の1つと考えられています。

成体になると、その大きさや堅牢な甲殻から全くの無敵と思われがちなのですが、腹側は軟らかく、これを敵にさらせば、いかに親カブトガニといえど容易くやられてしまうのです。

研究科の間ではカブトガニの一番の天敵は人間とも言われています。

人間が環境破壊をしてしまうからです。

サギやカモメの類が天敵でもあると同時に、カブトガニにとっては人間もカブトガニの天敵でもあると言えるのです。

スポンサードリンク

カブトガ二の泳ぐ速度は?

カブトガ二の地上にいる時は鈍速なのですが、水中では人間よりも機敏に活動することができます。

カブトガニの泳ぐ速度なのですが、これは泳ぎ方や個体の大きさ、潮流によっても大きく左右されますので、正確な速度を計ることは困難です。

まとめ

カブトガニにとっての一番の天敵は人間です。

カブトガニが生き続けることができるように、人間がカブトガニの生息環境を壊してはならないのです。

スポンサードリンク