カブトガニに毒なんてあるのだろうかと疑問に感じるかと思います。

カブトガニには毒があるのです。

そして、カブトガニの毒が強くなる時期があるのです。

カブトガニの毒についてまとめてみました。

カブトガニ 毒 時期

カブトガニの毒!強くなる時期とは?

カブトガニには毒があります。

カブトガニの毒性が強い期間は2月~6月です。

毒性が強い2月~6月は有毒プランクトンを多く食べているため、これらの魚はとりわけ毒が強く、食用にするのを避ける必要があると言われているのです。

また、毒性が強い2月~6月はカブトガニも甲羅の内側の卵を食べるのは食中毒の危険性が高いということで、控えている場所も多いです。

カブトガニを食べてみたいと思っている人は毒性が強い2月~6月を避けましょう。

スポンサードリンク

安心して食べることが出来るのか?

カブトガニはタイで愛されている料理で、多くの人が食べています。

ちゃんと毒の知識があり、正しく調理をしてくれるお店で食べましょう。

カブトガニの血液は人の生命を奪う大腸菌や、サルモネラ菌などの内毒素検査や、肝臓疾患、感染症などの医学をはじめ、獣医関係、放射性医薬品などの薬学に利用されているそうです。

まとめ

カブトガニを食べてみたいと思っている人は、危険な時期を避けましょう。

毒について注意をするということがとても大切です。

スポンサードリンク