カブトガニを捕まえてみたいと思っている方もいらっしゃると思います。

カブトガニはどのように捕まえるといいのでしょう?

捕獲する際に注意しなくてはならないこともあります。

捕獲する場所によっては違法なのです。

カブトガニ 捕まえ方

カブトガニの捕まえ方は?

潮が引くと干潟に多くのカブトガニが姿を見せ、潮が満ちてくると脱皮殻が大量に浮かんでいたという人も見た事があるかと思います。

カブトガニは素早い生き物ではないため、簡単に見つけることができると思います。

素手でも捕まえることが出来ます。

注意点として、カブトガニの尻尾は鋭利になっているので、注意をしないと怪我をしてしまう恐れがあります。

スポンサードリンク

カブトガニを捕まえる行為は違法!?

岡山県の笠岡湾のカブトガニは天然記念物に指定されているので、捕獲は違法です。

その他の地域のカブトガニは 天然記念物ではなく、法的には問題はないので、カブトガニを捕獲することができます。

天然記念物に指定されている場所でカブトガニを捕獲してしまうと、

「第196条の文化財保護法の第1項の史跡名勝天然記念物の現状を変更し、又はその保有に影響を及ぼす行為をして、これを滅失し、き損し、又は衰亡するに至らしめた者は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は30万円以下の罰金に処する」

カブトガニを捕獲する際は注意をしなければいけません。

まとめ

カブトガニを捕まえたいと思っている人はしっかりとその場所が天然記念物に指定されている場所なのか、されていない場所なのかを把握しておかなければいけないのです。

カブトガニを捕まえる際は怪我をしないように注意しましょう。

スポンサードリンク