カブトガニを見たことがあっても、カブトガニの呼吸の方法について詳しく知らないという人がほとんどではないでしょうか。

カブトガニの呼吸の方法について知っておくことで、カブトガニの生態を知ることが出来るのです。

カブトガニ 呼吸 方法

カブトガニの呼吸の方法とは?

カブトガニは名前や形からしてエビやカニの甲殻類と間違われるのですが、実際はカブトガニはクモやサソリの仲間で、節足動物剣尾類に属します。

カブトガニの呼吸器ですが、カブトガニの腹側には、六体の付属肢があり、その付属肢の内、第二付属肢から第六付属肢の後側に左右それぞれにセロファ紙のような薄い鰓が百数十枚もついているのです。

カブトガニは陸上でも湿っていれば短時間は呼吸することができるようになっています。

スポンサードリンク

カブトガニの生態は?

カブトガニの生態は、冬場は大陸棚におり、晩春に繁殖のため浜辺に移動します。

雄が先に到着し、雌を発見すると触肢の鉤爪で捕まえます。

雌雄の包接は1か月にも及び、複数の雄が1個体の雌を包接することもあるそうです。

貝類・多毛類などの無脊椎動物に加え、僅かに魚も食べます。

カブトガニに顎はないため、食物は脚の基部に生えた剛毛や砂嚢で砕きます。

まとめ

カブトガニについてしっかりと知っておくことによって不安に感じてしまう必要は全くいらないのです。

また、カブトガニの生態について知っておくことで、さらにカブトガニとはどういった生き物なのかを知ることが出来るようになっているのです。

スポンサードリンク