カブトガニの寿命と年齢について知っておくことで、カブトガニがいつまで生きていられるのか、平均でどのぐらいの年齢で寿命が来てしまうのかを知ることが出来き、飼育する際の目安になると思います。

カブトガニの寿命について調べてみました。

カブトガニ 寿命 年齢

カブトガニの寿命と年齢は?

カブトガニは鋏角類剣尾鋼カブトガニ科に属する節足動物です。

お椀のような体にとげのような尻尾を持っています。

そんなカブトガニですが、カブトガニの寿命については知らないという人も多いかと思います。

カブトガニの寿命は推定で25年と言われています。

性成熟までには15年かかり、その後10年程生きるという生き方なのだそうです。

カブトガニの年齢は背中のトゲを目安にします。

確証できるものではなく、あくまで推定年齢ということになります。

カブトガニの寿命は推定で25年と言われているのは飼育下ということで、野生下での年齢ははっきりと調査されていないのですが、より長生きすることができるのではないのかと言われているそうです。

スポンサードリンク

脱皮で年齢が分かる!?

オスは15回の脱皮をして13年目に16齢で、メスは16回の脱皮をして14年目に17齢で成体になると言われています。

脱皮を目処に年齢を把握することが出来ると思います。

まとめ

カブトガニは長生きをする生き物とわかりました。

カブトガニを飼育している人は、ある程度年齢を把握しておきましょう。

スポンサードリンク