カブトガニが絶滅してしまうと聞いて驚いてしまったという人もいるかと思います。

なぜカブトガニが絶滅の危機にあるのでしょうか。

その原因とはなんでしょう?

調べてみました。

カブトガニ 絶滅 原因

カブトガニの絶滅危機の原因とは?

カブトガニの絶滅危機の原因は環境汚染なのです。

海岸生物の減少は、地球環境を破壊し、人類にまで悪い影響を与える可能性が十分あります。

しっかりと考えなければいけない問題です。

環境汚染の他にもカブトガニの産卵数の減少についても問題視されています。

産卵数の減少には、いろいろな原因が重なっていると思われますが、直接の原因として、カブトガニが産卵できる砂浜の減少があげられます。

瀬戸内海沿岸一帯の護岸工事や埋めたての為に砂浜の状態がすっかり変わってしまい、砂浜は極端に減少するか、消滅してしまっているため、カブトガニの数が減ってしまったと言われています。

スポンサードリンク

改善する必要がある!

このまま環境汚染やカブトガニが産卵できる砂浜の減少してしまった場合、カブトガニが完全にいなくなってしまう事も考えられます。

放置をしてしまうのではなく、カブトガニの為にも居心地の良い場所を守るべきです。

これ以上カブトガニの産卵場所を潰してしまうのは良くないと思います。

まとめ

カブトガニの絶滅危機の原因についてしっかりと知っておくことで、何に注意をしなければいけないのか、これからどうして行けばよいのかを考え、行動することができると思います。

一人一人がしっかりと意識をもって行動をすることによって、カブトガニを救うことが出来るでしょう。

スポンサードリンク